【保存版】イエベ・ブルベとは? | 今さら聞けないパーソナルカラーの基本!

こんにちは。
COLORS編集部です!
あなたは、

「イエベ・ブルベを診断したい!」
「イエベ・ブルベ診断の注意点は?」
「そもそもイエベ・ブルベってなに?」

と思っていませんか?

今回はそんなイエベとブルベの基本が知りたいと思っている人のために「イエベ・ブルベを知るメリット」「イエベ・ブルベを診断する4つの方法」「イエベ・ブルベを含むパーソナルカラーの4分類」などについてまとめました。

この記事を読むだけで、イエベ・ブルベの基本がすべてわかるようになります。
それではさっそくご紹介していきましょう!

イエベ・ブルベとは?



イエベ・ブルベとは、それぞれイエローベースとブルーベースの略で、肌の色の傾向を表したものです。イエベは、イエロー(黄味)寄り、ブルベとは、ブルー(青み)寄りのことを表します。

イエベ・ブルベは基本(ベース)になるパーソナルカラー

また、イエベ・ブルベは4つあるパーソナルカラー分類のひとつ。別名「2ベース分類」とも呼ばれており、全てのパーソナルカラーの中で最も基本となる色味の分け方です。

パーソナルカラーの4分類
・2ベース分類(イエベ・ブルベ)
・4シーズン分類(春・夏・秋・冬)
・4シーズン分類16タイプ
・8分類12タイプ

それぞれの分類の詳細は記事下にまとめているので、分類を知りたい人は目次から飛んでくださいね。

イエベ・ブルベ診断でわかること

イエベ・ブルベ診断ではあなたのベースカラー(似合う色の傾向)がわかります。イエベの人は、黄色、オレンジ、ピンク、赤、茶色などの暖色系の色が似合いやすく、ブルベの人は青、紫、緑、黒などの寒色系の色が似合いやすい。

イエベ・ブルベ診断でわからないこと

逆に言うと、イエベ・ブルベ診断でわかるのは、あくまでもペースカラーの傾向”だけ”ということを覚えておきましょう。具体的にこの色が似合うという診断はイエベ・ブルベ診断だけでは限界があります。

イエベ・ブルベ 4つの診断方法

イエベ・ブルベを診断するには全部で4つの方法があります。順番にご紹介しましょう。

①セルフ診断



ルルコスや@コスメなどのWEBメディアには、イエベ・ブルベがセルフ診断できるコンテンツがあります。肌や血管、手のひらの色味などに関するいくつかの質問に答えることで診断できますが、お手軽な分、診断の正確性はかなり低いです。

②アプリ(写真)診断



ヴィセやオルビスなどのWEBメディア(アプリ)では、顔写真を送ることによりAIがあなたのパーソナルカラーを診断してくれます。これも手軽に出来るという点ではいいのですが、写真を撮った場所のライト色や明るさによって診断結果は違ってくるので正確性は低いです。

③百貨店や美容院で簡易診断



一部の百貨店、美容院、コスメショップでは、店舗内で簡単なパーソナルカラー診断を受けることができます。イエベ・ブルベだけでなく基本は4シーズン分類の診断にはなりますが、セルフやアプリでの診断よりも正確性は高いです。

④サロンでプロの本格診断



プロのカラーリストがいるサロンでは本格的なパーソナーカラー診断を受けることができます。多少お金はかかりますが、他の診断に比べると正確性はいちばん高いので、簡易診断を受けた結果に納得できない人はサロン診断をおすすめします。

イエベ・ブルベ診断の注意点!



手や目の色、金銀のアクセサリーなど、体のパーツや小物で診断するイエベ・ブルベ診断はハッキリ言ってアテになりません!なぜならそれは確かな判断材料にはならないから。

プロが診断する場合は、あくまでもどういった色を「顔」に乗せると肌が綺麗に見えるのかを重視します。なぜなら、その人本来の魅力を引き出すパーソナルカラーは「顔」で判断するのが一番正確だからです。

パーソナルカラーのプロの診断方法



だからこそプロはドレープと呼ばれる色布を顔の近くに当てることで、その色がどれだけあなたの肌に合うのかを確認していきます。第三者目線で一緒に探してくれるからこそ、診断結果が正確で納得できるんですね。
セルフや写真の診断は正確性が低いですが、占い感覚で診断してみる分には楽しいのでまずはそこからやってみてくださいね。

イエベ・ブルベを含むパーソナルカラーの4分類

最後に、イエベ・ブルベを含むパーソナルカラーの4分類についてご紹介しましょう。

①2ベース分類(イエベ/ブルベ)



もっとも基本となるパーソナルカラーの分類方法です。すでに説明したので詳細は省きます。

②4シーズン分類(春夏秋冬)



4シーズン分類はもっともメジャーなパーソナルカラーの分類方法です。2ベース分類した後で、イエベ・ブルベそれぞれの中で色の明度(明るさ)で2つに分けることで、春夏秋冬の4つのカラーグループに分類されます。

③4シーズン分類16タイプ



4シーズン分類16タイプは、4シーズン分類それぞれの中でさらに色の彩度(鮮やかさ)で4つずつにわける分類方法です。2ベースや4シーズンは合う色のグループがわかりますが、16タイプはグループではなく具体的にこの色が自分に合うということまでわかります。

④8分類12タイプ



8分類12タイプ分類は、4シーズンとは違う分類方法です。まず2ベースに分類した後で、イエベ・ブルベそれぞれの中で、色の明度(明るさ)と彩度(鮮やかさ)を最初からミックスして色味を分類する方法です。4シーズンと違う角度から診断すると考えるとわかりやすいと思います。

まとめ

今回はイエベ・ブルベの基本や診断方法などについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
イエベ・ブルベはパーソナルカラーの超基本ですが、診断したとしても似合う色の傾向がザックリわかるだけだということを覚えておいてくださいね。