パーソナルカラー実務検定ってどんな検定?特徴や活かし方を簡単解説【2024最新】 | パーソナルカラー診断のCOLORS        

パーソナルカラー実務検定ってどんな検定?特徴や活かし方を簡単解説【2024最新】

こんにちは。
COLORS編集部です!

今回はパーソナルカラー実務検定について知りたいと思っている人のために気になる基本情報をまとめました。気になる人はぜひ読んでみてくださいね。
それではさっそくご紹介していきましょう

パーソナルカラー実務検定とは

パーソナルカラー診断27

パーソナルカラーと、色を仕事にするために必要な色彩の知識を認定する検定試験です。化粧品メーカー、化粧品ブランド、アパレル、宝飾メーカーや宝飾ブランド、百貨店等の商業施設においてパーソナルカラーアナリストの需要がますます高まっている中、プロフェッショナルとしての色の知識、パーソナルカラーの知識を備えていることを認証するための検定試験です。

資格の活かし方・検定試験について

パーソナルカラー診断06

アパレル、美容関係の企業、美容院など多くの企業がパーソナルカラー実務検定の資格取得を導入していらっしゃいますパーソナルカラー実務検定はCBT試験です。全国300箇所にあるテストセンターにおいて、試験会場休業日以外はいつでも受験が可能。オンライン受験なのでその場で合否がわかります。合格すると後日自宅に合格証書が届きます。

公式テキストは書店やAmazonで購入可能です。
「パーソナルカラー実務検定2級・1級公式テキスト 新しいパーソナルカラーの教科書」(西東社)

協会スタッフからのメッセージ

パーソナルカラー診断01

3級試験は、まだ勉強したことがない人を対象とした「腕試しテスト」自宅のPCやスマホから24時間365日受験可能。合格すると自宅に合格証書が届きます。まずは自分のカラーの知識がどのくらいあるのか、20分でわかるテスト、試してみて下さい

まとめ

今回はパーソナルカラー実務検定の特徴やサポート内容についてご紹介しましたが、いかがでしたか?気になった方はぜひ公式サイトから講座に申し込んでみてくださいね。

パーソナルカラー実務検定の公式サイト