日本メディカル心理セラピー協会のカラーセラピーってどんな資格?特徴や活かし方を簡単解説【2024最新】 | パーソナルカラー診断のCOLORS        

日本メディカル心理セラピー協会のカラーセラピーってどんな資格?特徴や活かし方を簡単解説【2024最新】

こんにちは。
COLORS編集部です!

今回は日本メディカル心理セラピー協会のカラーセラピストの資格について知りたいと思っている人のために気になる基本情報をまとめました。気になる人はぜひ読んでみてくださいね。
それではさっそくご紹介していきましょう

カラーセラピー資格の特徴

パーソナルカラー診断27

カラーセラピーとは別名色彩療法といい、色の生理的効果や心理的効果を使い心身のバランス取る事を目的にした療法です。試験では色の効果、原理、色の活用方法が問われます。資格取得後は、カラーセラピストとして活躍する事が出来ます。

カラーセラピー資格の活かし方

パーソナルカラー診断06

カラーセラピー資格を取得後は「カラーセラピスト」としての活動やデザイン作成やプレゼン資料の作成、日常生活の服選びなどさまざまなタイミングで活かすことができます。カラーセラピストは、相談者にカウンセリングを行い、それぞれの色をどう感じるのかを見極めて心の中を読み取ります。カラーセラピストは、サロンなどで働く方もいれば、開業している方もいます。中には、資格を活かして ファッションやインテリアなどの業界で活躍されている方もいます。色は私達の生活から切り離せないものなのでカラーセラピストの活躍の場は幅広いと言えるでしょう。

カラーセラピー資格はこんな人におすすめ

パーソナルカラー診断01

カラーを使用した職業についている方や配色のセンスを磨きたい人にとくにおすすめです。
仕事でデザイン作成から日常生活の服選びまでさまざまな場面で活かすタイミングがあるのがカラーセラピー資格。
気になった方はぜひ気軽にお問い合わせください。

まとめ

今回は日本メディカル心理セラピー協会のカラーセラピー資格の特徴や活かし方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?気になった方はぜひ公式サイトから講座に申し込んでみてくださいね。

日本メディカル心理セラピー協会のカラーセラピー資格の公式サイト